天然石ビーズの(H)などのマークについて

天然石ビーズの(H)などのマークについて

処理 表記 説明
アセンブル (ASBL) 2種類以上の素材をなんらかの方法で張り合わせたり、混ぜて作った石。美しい色にしたり、石製品を製造する時に扱いやすくしたり、耐久性を向上させるための処理。
ブリーチ (B) 脱色。パワーストーン効果には変化なし。タイガーアイに施される場合がある(抜きトラ)。乳白色のMOPも脱色処理されている。
コーティング (C) 色を良くするため・あるいは表面保護の為に表面をコーティングしたもの。世界的に出まわっているガーネットのビーズはこれがほとんどです。
染物 (D)

冷凍ヒビ割れ法、色素につけておくなどさまざま手法がある。
これは偽物と本物に別れます。たとえば、アクアマリンのチップが激安の場合は、たいていは水晶などの染め、つまり偽物です。天然アクアマリンはカラーフィルターで黄緑に見えます^^
オニキスにつきましては白オニキスを染めた物ですし、本物のオニキスを使用していますが、ハウライトトルコやハウライトラピスなどはハウライトを染めた物です。
また、色落ちの可能性もございます。

熱処理 (H) 熱を与えて色を輝かせる手法。パワーストーン効果には変化なし。
合成石 (IMI) or (I) ガラスや他の石などで合成されて作られた石。
ガンマ線照射 (G) ガンマ線を照射して結晶構造を変化させ色を変化させる。
溶練 (M) 粉砕して熱を加えて溶かし、あるいは粉砕して染料を混ぜて練り、再度固めたもの。
マット加工 (Mt) 表面をマット(フロスト)加工したもの
オイル処理
樹脂処理
(O) 無色オイルによる含浸による、色の処理。
エメラルドやトルコ石などでよく使われる
シンセティック (S) イミテーションのように素材が違うわけではないが、人工的にそのものを作り上げたもの
スタビライズ (ST) 粉砕し、接着剤などで固めた物。
磁気化 (Mg) 磁気化処理
その他 (E) 人工石や色を薄くする、濃くする、強度を強くする等、なんらかの処理がされている。
マークは、石に対して掛けられている処理について示しております。
処理について、納得の上ご購入していただくために解りやすく表示を行っております。
現在のところはほとんど仕入先の情報提供を元にしておりますので、正確でない可能性もございます。
また、表記がないものにつきましては、基本的には天然ということで業者より入荷いたしておりますが、こちらで確認がとれていないものも含まれております。お求めの際はご了承くださいませ。

↑ PAGE TOP